top of page

vol.64 メディカルフィットネス

前回のブログを書いてから、気付けば半年…


この半年、SHAREなりに目まぐるしく動いており、このブログも「明日やろう」「週末やろう」を繰り返して半年経過しちゃいました(;'∀')


この半年「スケールUPからクオリティUPへ」という方針の下、前回ブログで紹介した通りのアクション…


  • WEBマーケティングの抜本的強化

  • 予約・顧客管理システムのリニューアル

  • ES→CS→業績改善のサイクル確立の為にMSコンサルティング導入

  +

  • 運動指導者としての教育強化


これらをコツコツ積み重ねてきたので、それらについてご紹介したい気持ちは山々なのですが、

今回はもう1つ…昨年からコツコツ取り組んできた活動…メディカルフィットネスとしての活動についてご紹介したいと思います。



この表紙は先月末に札幌市医師会館で開催された健康スポーツ医協議会の研修用資料として、SHAREから報告させて頂いた報告書の表紙です。


札幌市医師会館は、札幌の医師の皆様が加入する「医師会」の本拠地。


健康スポーツ医協議会とは、医師の中でも特に「スポーツや運動を通じた健康増進」について、最新の知見を学ばれている医師の皆様の会になります。


会長は、冬季アジア大会の日本選手団のチームドクター(ちなみにその時の選手団長は現・橋本聖子議員)をされたり、北海道マラソンの医事統括責任者をされる等、長年「スポーツ・運動と健康増進」というテーマで活動をされてこられた佐久間一郎先生。


先生ご自身のクリニック北光記念クリニックでの運動療法・食事療法の取組を基に「糖尿病透析予防指導管理料」という新たな診療報酬の制定に貢献されてたり。


スゴイ先生なのですが、厚生労働省が公式に認定するメディカルフィットネス(指定運動療法施設)の普及は長年の目標の1つだったそうで、SHAREの活動にも気にかけて頂いており、この半年間、たくさんの助言を頂いて参りました。


本当に有難いことです。


報告書では、例えば、内科系疾患のケースから…




整形外科系ケースまで…


例➀ 側弯症・変形性膝関節症・脂質異常症(60代前半女性)


身体の歪みを治したい。というご要望の方…クリックすると動画が視聴できますので、ご覧頂ければと思います。


Before


After



例② 変形性膝関節症・糖尿病・脂質異常症(40代後半男性)


変形性膝関節症の手術をされてから走ったり、階段を登ったりする度に違和感が残り、そうした日常動作を改善したい。というご要望のケースです。

こちらも以下画像をクリックすると動画が視聴できますので、ご覧頂ければと思います。


Before



After


日常動作の改善がメインニーズだったのですが、糖尿病という診断もされている方でしたので、パーソナルトレーニングを受ける中で運動量が増えたり、日常生活での運動量も増えたことで、HbA1cの数値もかなり改善されています(血糖値が改善されているということです)


このように改善事例も積み重なり、気付けば、現時点(2023年7月19日)SHAREは、北海道最多数、厚生労働省が公式に認定するメディカルフィットネス(指定運動療法施設)を運営する法人となっております(≧▽≦)


⤴上記の整形外科系のケースに対応するべく、北海道理学療法士会理事の大森先生には毎月「症例相談」をお願いしており、同時にMEDICAL FITNESS北12条の提携医療機関である北新病院の松本先生にも「勉強会」をお願いしながら、MEDICAL FITNESS北12条のメンバー一同で頑張っております。


余談ですが、今年の北海道理学療法士学術大会にはSHAREからも発表させて頂きますので、その内容については追ってまた!


⤴上記の内科系のケースはMEDICAL FITNESS小樽の皆さんによる成果。

こちらは明治天皇の済生勅語から始まった日本最大の社会福祉法人であられる済生会の小樽病院様と提携させて頂いております。

担当医には和田院長(写真中央)自ら担って頂いており、感謝しかありません。


余談ですが、現在、済生会小樽病院様がチャレンジしている「病院発の農園づくり」について紹介させて頂いてるコラムがあるので、是非お読みください!

小樽チームは今年の日本骨粗鬆症学会にて成果発表させて頂くことが決まっておりますので、その内容については追ってまた!


そんなこんなで、医療・介護保険制度を”子供世代・孫世代まで持続可能な制度“にしようというSHAREビジョンに向かって着々と突き進んでおります。


現時点のSHARE各ブランドの位置づけを以下にまとめてみました。

SHAREブランドポートフォリオにメディカルフィットネスが加わったことで、スマートスタジオ・スマートウェイとスマリハ・スマートキュアが繋がったようなイメージです。


繋がったことでSHAREビジョンの実現イメージがより鮮明になってきました。


そんなわけでメディカルフィットネス…実は既に3施設目、4施設目の準備中です。


引き続き、SHAREなりに全力疾走してますので、次のコラムアップがいつになるか…わかりませんが(;'∀')、ご期待ください!

Comments


bottom of page