• K

vol.44 フィットネス=介護事業者のSDGs活動

最終更新: 14時間前

緊急事態宣言が延長になった北海道から「気合」を込めてブログアップします💪


巷では「コロナ禍でフィットネス業界が大変らしい…」という噂が流れてるようですが…

スマートチェーンは別の意味で大変です💦


タイトルの通り出店ラッシュで大変なのです!


7月1日、イオン旭川駅前店でスマートスタジオ&スマートウェイがオープン。


これが旭川市内2号店目になります♪


それもこれも、旭川1号店=旭川永山店に通っていただいてるメンバー皆様のお蔭様です。ありがとうございますm(__)m。


引き続き、メンバーさんと一緒にスマートなライフスタイルを発信し続けて参りたく、よろしくお願い申し上げますm(__)m。


そんな2号店はJR旭川駅直結…イオンさんとしても新しく、イケてる感じです(≧◇≦)!


映画館なども複合されていたりしていて、今まで出店させて頂いてきた商業施設の中でも、最も10代・20代の方が多い印象です。


常に立地特性に合わせて進化してきた(つもりの)スマートスタジオ&スマートウェイ。

今回も今までとはちょっと一味違う立地特性になりますので、進化の「伸びしろ」が大きそうですね!

みんなで力をあわせて「進化」できるよう、がんばります!


そしてそして…


10月某日、旭川市内に3号店がオープンすることも決まっております。

場所もお伝えしたいところなのですが、お相手が大企業様で「役員会承認?」的なのを通過して正式決定となってから、改めてご報告したいと思います。


なにしろ、これにて、旭川は3店舗体制となりました。


旭川市内の何処に住まわれてても「買い物ついでにサクッと立ち寄れるフィットネスクラブ・パーソナルトレーニングジム」になれたと思います。


介護事業者が旭川の予防介護をリードする

思い起こせば、もともと介護保険制度の中で運動指導に携わってきたSHAREが、㈱ケアビジネスパートナーズさんからのご紹介で㈱ゆあんさんとご縁をいただき意気投合したのが始まりです。


ちょっと話がぶっ飛びますが…


もともとSHAREは


介護保険制度の根源は、第二次大戦中「未来を生きる子供達の為に」と信じてがんばられた先人への報恩の理念の下に制度設計されたものであるにも関わらず、


実は、現制度のままでは「未来を生きる子供達の為にならない…」ということに、強い使命感を抱き、予防介護事業≒フィットネス事業をスタートしました。


SHAREは、心ある先人達は「血税は未来を生きる子供達の為に使ってほしい」と願うはずだと考えています。


自分達の医療・介護の為に血税を使って欲しいとは考えないはずだと考えています。


そういう認識(思い込み?)の下、介護保険事業に携わる者は、なるべく早く、なるべく多くの国民一人一人が、自分の一生涯の健康状態に責任を持つカルチャー作りに取り組むべきだと考えています。


平たく言うと、介護保険事業者はフィットネス事業に取り組むべきだと考えているのです。


それが「血税」や「社会保障料」を頂いている事業者の「本懐」と考えているのです。



だって『ほぼ当たる将来予測』と言っても過言ではない『人口動態予測』としては、以下の通りに予測されているわけです…



…このままでは、私たちの子供世代は大変になることが「ほぼ確」なのです。


だから、フィットネス(=自分で自分の健康管理する)カルチャーを、できるだけ早く、できるだけ広く浸透させるべきなのです。


フィットネスは介護事業者にとってのSDGS活動

これは、言ってみれば、SHAREなりの「SDGs」と言えると思っています。


SDGsとは、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略語であり、具体的な項目として17個挙げられていますよね。


【参考:SDGsとは】


保険制度の中で「③保健」に携わる者は、今を生きる人だけを見て資源を使い切るのではなく、未来を生きる子供達にも「③保健」を残していかなければいけないのです。


介護事業に携わるうちに、こういう想いが強くなり、NPO法人を通じてコツコツやってた活動が、多くの業界専門メディアに注目されたのが2015年~2016年頃。


そして、旭川で㈱ゆあんさんと意気投合して、2021年、そんな「想い」を具現化する為の店舗が3店舗体制となったのです。


私たちの想いが、旭川市民の皆様に受け入れられてきていることに強く感謝する次第です。


必ず、想いは実現させますので、引き続き、ご理解・ご協力の程、何卒よろしくお願いいたします。


このブログに共感いただいた旭川市民の方々はこちらもご覧ください。


本稿をお読みいただければ、なぜ私たちが「ありえないほど安い価格でパーソナルトレーニングを提供しているのか?」ご理解いただけたと思います。


https://www.smahofit.jp/column/swss/asahikawa


最後までご精読いただき、ありがとうございました!



0件のコメント

最新記事

すべて表示