• K

SHAREビジョンインストラクション vol.3

今回は「北海道風ウェルネスというブランドを創っていく」というビジョンについて、これまでのブログの端々で伝えてきたことのサマリーとなります。


ビジョンは、きちんと伝えようと思えば思うほど、一言・二言で伝えられるものではない・・と思った為、開き直って「ブログ」や社内の方に向けた「月一メッセージ」でコツコツと伝えるスタイルでやってきてしまいましたが、今回はなるべく端的にまとめてみます。


SHAREは、顧客から、社員から、以下のように言われるような存在になりたいと思っています。


SHAREと出逢ってから、私は歳を重ねることにワクワクするようになった


変わったのは自分。だけど、変わるきっかけをくれたのはSHAREだと思う


私も誰かの人生にそんな影響を与えられるように自分らしく意識していきたい


私にとってSHAREと過ごす時間がしっくりくるのでこれからもよろしく!


顧客からも、社員からも、そんな風に言われることを目指しています。


社員さんがこういう発言をしてくれるようになる為には、所得や人間関係もひっくるめて満足してなきゃいけません。そのあたりを掘り起こしたい方はこちらをご覧ください


そして、社員・顧客ともに共通するのは「歳を重ねることにワクワクする」ということです。


僕達は、こういう精神状態でいられることが「健康的」であり「ウェルネス」であると考えています。


ちなみに、僕達は「がん」と向き合いながら生活してる方や、脳血管に疾病を抱えて身体の一部が動かない方と日々向き合う仕事をしてきたので、自然と「健康」や「ウェルネス」ということを深く考えてきました。例えば「健康的」という言葉は「五体満足で元気ハツラツ」というイメージを連想しがちですが、僕達にとっての「健康的」は必ずしも「五体満足で元気ハツラツ」である必要はありません。どんな身体状況であろうとも、重要なことは自分の身体を正しく把握し「自分なりに」「前向きに」身体を使って生きていく精神を保つことだと考えています。もちろん、「元気な身体」であることに越したことはありませんので、その価値や脆さと直面してきた中で培われたポリシーを持って、smartwayとsmartcureという業態をやっています。


このあたりについて語り出すとキリがないので・・・なにしろ、上記の太文字のようなことを言ってくれる人が一人ずつ増え、いずれ北海道全体に広がり、北海道外の人から「北海道っていいな」「北海道を真似しよう」と思われるようになる流れで、日本中・世界中のウェルネス度を高めていくことに貢献し続けよう・・・そんなイメージを「北海道風ウェルネスというブランドを創る」という言葉で表現しているつもりです。


僕達は「ウェルネス」は薬や医療など自分以外の誰かから提供されるものではなく、自分から・自発的に得るものだと考えています。


それは「意識→行動→習慣」という流れで得られるはずなのですが、僕達が対象にしているのは、もとからウェルネスを実践している方ではなく、実践していない方なので、「意識→行動→習慣」という流れを創ることの難しさに何度も直面してきました。


「永遠のテーマ」と言っても過言ではないと思っています・・・


そんな中で「ブランドの力」を活かす発想に辿り着きました。「ブランド」という言葉・・・人によって使い方が大きく違う言葉だと思うのですが、僕達は「ブランド」という言葉を、深く考えず直感的に「愉しい」とか「かっこいい・かわいい」等という感情に訴えかけられるものというイメージで使っています。


僕達は一応プロですので、どうしても「正しいことか」「効果的なことか」という、論理的な思考をしがちであることを自覚しています。

だからこそ、直感的に感情に訴えることを常に重視しようと心掛ける中で、「ブランドを創る」という表現をしています。


私達が常に意識しているのは、一部の限られた人ではなく、一人でも多くの人のウェルネスに貢献することです。その為には、直感的に感情に訴えかけることと、合理的で効果的なサービスを提供することの両輪が大事だ。という意識を大切にしたいと思っています。


以上、「端的にまとめる」と言っておきながら、結局、わかるような・・・わからないような・・・長々とした文章になってしまいました・・・やっぱり、このブログの全編を読んで頂いて、皆様なりの理解の仕方で、SHAREのビジョンを掴み取って頂けたら幸甚です。


なにしろ、そんなビジョン実現の為に「顧客と社員が直接顔を合わせる場」を創っていったり、関連事業を展開していこうとしてるわけですが、以下からは、ビジョン実現の場である「smartway&smartcure」の4号店がオープンしたことをお知らせします。


4号店はsmartway&smartcureのビジョンに共感いただいたSEIYUさんのご協力の下、西友平岸店に出店しました。


ネイルサロンさん、フェイシャル専門のエステさん、カラーリング専門の美容室さんと軒を並べられるのは、僕らのコンセプト~「定期的に美容室に通って自分の髪型や顔と向き合うようなイメージで、自分の姿勢や身体と向き合う場所にしたい」とフィットしました。



美容室のように、自分と向き合えるように鏡を配置した空間でパーソナルトレーニングをするのが月額5500円~というのは、自分で言うのもなんですが「ボランティア」に近いですね(笑)


先述したように、「がん」と向き合いながら生活している方や、脳血管に疾病を抱えて身体の一部が動かない方と日々向き合う中で、僕達なりに「何が大切か」を学んできたつもりなんですが、そういったプロセスがなければ、このような価格は付けなかったと思いますね(笑)。


まあ、全国的にチラホラと医療法人さんがもっとお安い費用で通えるトレーニング施設を経営されていますので、僕達の活動が「ボランティア」とは思ってはいません。自分達でやってみてるからわかりますが、そういった医療法人さんがやってるサービスは素晴らしいと思いますね。


ただ、なるべく客観的に観るように意識した上で言わせて頂くと、僕達のsmartway&smartcureも、負けないくらい素晴らしい場所だと思いますね(笑)


10年後も存続していたら、きっと、どこかの公的機関が表彰してくれるんじゃないですかね(笑)


もちろん、誰も表彰してくれなくても、何が何でも存続させるつもりですし、この活動に力を貸してくれてる社員皆さんには、幸せな人生を送って頂けるだけの所得、家族との時間を得て頂くように、あの手この手でビジネスモデルを創り上げていくつもりです。


SHAREグループの強みは、同業他社では考えつかないような発想と実行スピードだと思っています。それが故に、僕達はちょっと先を行き過ぎる感はありますが、「行き過ぎ」に注意しながら努力を怠らなければ、賢いユーザーの方々には、わかって頂けるはずです。



著名なパーソナルトレーナーの方々、治療家の方々、設計士の方とか、大工さんとか、金融機関さんとか、ショッピングセンターさんとか、医療介護業界の著名なコンサルタント先生とか・・・ジワジワと協力者も増えています。皆さまのご期待に応えられるよう、これから益々気合を入れて参りますので、よろしくお願いします。